私は、節約が大好きです。そんな私がなぜ節約を意識するようになったのかというと、些細なことがきっかけです。それは、自分のお給料の低さに驚いたからです。私は短大を卒業し、栄養士として働いていました。栄養士は、短大や専門学校、大学に行かねなければ、資格を取得することができません。いわゆる、専門職です。でも、自分自身が実際に働き始めると、せっかく資格を取得して働いているのに、お給料が低いことに気がつきました。むしろ、何も資格を持っていないで働いている、事務職の友人や知人の方がお給料が高いのです。これには、本当に驚いたし、ショックを受けました。ただし、ここでショックを受けているだけではダメであると思いました。お給料の低さにショックを受けたことを、次のエネルギーに変換しなければと思ったのです。そこで、小さなことからコツコツと行うことにしました。ちっぽけな節約かもしれませんが、この先ずっと続けていけば、少しずつ実を結んでいくと信じています。ひざ脱毛