細胞について勉強をしました。触手には、刺細胞と呼ばれる細胞が多数あり、餌となるミジンコが触れると、その中から毒を含んだ刺胞が飛び出し、餌の体内に打ち込まれます。管状のからだの内側は胃腔になっており、その表面には、触手で捕らえて運び込まれた餌を消化する消化細胞があります。消化細胞と上皮筋細胞との間には神経細胞が分布しており、上皮筋細胞を収縮させてからだを動かしています。これらの分化した細胞が、それぞれの役割を果たすことにより、ヒドラは生きていくことができます。細胞と個体の間には、つくりやはたらきのうえでどのようなつながりがあるのでしょうか。ヒトのからだで見ていきます。分化した細胞は、同じようなはたらきや形の細胞が集まり組織を形成しています。ヒトのからだでは、上皮組織、筋組織、神経組織、結合組織に大別できます。ニワトリの手羽先などで観察してみましょう。知らないことを知れて良かったなと思いました。ロスミンローヤル 楽天